やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

マリみて・春#06「片手だけつないで」〜La Main dans la Main

スポンサーリンク

f:id:yaneshin:20160604102455j:plain
今日のマリみて・春は、白薔薇姉妹のなれそめ(違)なお話。
私的には実は大好きなエピソードの一つなので、どんなストーリー展開になるかがとても楽しみだったのですが。

f:id:yaneshin:20160710085308j:plain f:id:yaneshin:20160710085309j:plain
予想通りに前半は志摩子、後半は聖のナレーションで来ましたね。
と言うか、こう言う風にしなければこのエピソード自体が成り立たないですからね。
今野先生の原作でもそうですが、マリみての特色の一つに同じエピソードを違う登場人物の視点から描くというのがありますね。それによって、その一つのエピソードを更に大きく膨らませることも出来ますし。

f:id:yaneshin:20160710085310j:plain f:id:yaneshin:20160710085311j:plain
個々の内面の動きを描くことで、単純に発するセリフだけでその人のイメージが固定されるというマイナス面を最小限に抑えてるという事もあります。
例えば、今回の聖はとても良い例ですね。
もし、後半で聖の心の動きが描かれずに前半のセリフや振る舞いだけしか描かれてなかったとしたら、多分、彼女には自分勝手とかつっけんどんとかいった負の印象しか残らなかったでしょうね。

f:id:yaneshin:20160710085312j:plain
今回は、時間の都合もあってか少し端折り過ぎかなと感じたところもあったのですが、このエピソードの良いところのほとんどがきっちりと描かれていて見てて楽しかったです。
そして、他人と関わることで人間はここまで変わることが出来るのかとも思いました。
リリアン姉妹スール)制度は、先輩が後輩を導くという特徴があるのですが、後輩を導くことで先輩も成長していくという側面もあるんでしょうね。この白薔薇姉妹のその後を見れば特にそう感じます。
さて、次のエピソードは、今回とは対になるチェリーブロッサムですが。
新一年生の登場とか、志摩子自身のこととか、色んな意味で感動を呼びそうなお話になりそうです。

f:id:yaneshin:20160710085313j:plain
おまけ。
今回は白薔薇姉妹。
やっぱ、このマリみて・春アイキャッチは最高っすよ!