やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

民主主義の基本すら知らない人が「選良」とはねえ

スポンサーリンク

人質の邦人は「反日的分子」 柏村参院議員が相次ぎ放言
つーか、この人は日本国憲法第14条を知ってて言ってるんですかねえ。
そして同第99条も。
知ってて言ったのなら悪質ですし、知らなかったとしたら不勉強どころの話じゃないですね。
よくもまあ恥ずかしげも無く「選良」でいられるもんですな。

個人的な信条を持つのは当然その人の自由なのでしょうが、仮にも議員がその信条を開陳する時には法令に対する配慮はあってしかるべきでしょう。公人なのですから。
それとも、議員は法令を超越した存在とでも思っているんでしょうかね?
だからこそ、年金を何十年も未払いのまま大臣の椅子にしがみついたり、10年大過なく在任するだけで年間400万円以上の年金が貰えたりするのかもしれませんね。

【参考】日本国憲法(抄)
第14条【法の下の平等、貴族制度の否認、栄典の限界】
1 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受けるものの一代に限り、その効力を有する。
第99条【憲法尊重擁護の義務】
天皇又は摂政及び国務大臣国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。