やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

生活を守るだけでは衰退するだけでしょう

スポンサーリンク

 

米の価格差が一番大きな原因だろうと思います。
国内ではなかなか実感が無いとは思いますが、高い関税で保護されている我が国の米はかなり内外価格差があります。 

価格だけで考えれば、我が国の米はそのままでは輸出することは難しいかなと思います。
まさか、海外向けだけに値段を下げて売る、ダンピングなんか出来ませんし。
国内のみでの流通に最適化された我が国のコメは、このままでは海外を目指すのは難しいと思います。

そこで考えるべきなのは、価格と品質の両面から攻める手法なのだろうと思います。
ここで言う価格で攻めるというのは、いたずらに低価格攻勢をかけるという意味ではありません。生産の効率化を追求した上での生産コストの見直しを行なうという話になると思います。それは、生産から流通までをトータルで見直す努力が必要だと思います。
そして品質については、我が国の食文化とを結びつけた海外への情報発進力を強めることが肝要かなと思います。日本米がブランド化すれば、自ずと価格は度外視されるだろうとは思います。

とまあ、深い考察抜きで少しだけ思いつきで書いてみましたが、肝心なのは、今のままではやがて我が国の米農家は緩慢に安楽死へ向かうだけではないかと思っています。厳しい言い方ですが。
色々としがらみはあるのかもしれませんが、ぬるま湯から抜け出す勇気も必要だと思います。
どんなに生活が安定していても、常にいざという時の備えは怠らないようにしなければならないですね。
もちろん、これは農業だけに限った話ではありませんが。