やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

神戸ビエンナーレ2015・その1

広告

二年に一度、神戸で開かれるアートの祭典「神戸ビエンナーレ」が始まったので行ってきました。
ただ、一日ですべての会場を回るのは難しいので、今日は阪神岩屋駅周辺の施設を回ってきました。

BBプラザ美術館

こちらでは、神戸ビエンナーレ2015 兵庫・神戸の仲間たち展が開催されていて、地元の画家たちによる様々な物をモチーフにした絵画が多く展示されていました。
描き方も多様で、色々な視点の絵画を楽しませてもらいました。

兵庫県立美術館

こちらでは「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展と題して、黎明期から最近までのマンガ・アニメ・ゲームの作品が所狭しと展示されていました。
マンガの生原稿やエヴァパトレイバーけいおん!などのアニメ作品、スーパーファミコン本体などの展示など実に様々で、個人的には一番楽しめました。
展示場の外には、様々な年代のテレビゲーム機が並べられていて、電車でGOや太鼓の達人などに興じる人たちの姿も見られました。

横尾忠則現代美術館

昼食をとった後に、今度は北の王子公園方面にあるこちらの美術館へ。
こちらでは、美術館名に冠せられている横尾忠則氏の作品、特にY字路を描いた作品が多く展示されていました。
画風は、アンディ・ウォーホルに代表される現代アートの印象そのままの感じかなと、個人的には思いました。 また、Y字路って様々な場所にあるんだなとも思いました。

今度は、三宮からハーバーランドにかけての会場も見てみたいと思っています。
いつになるかは分かりませんが、再来月までやっているので、じっくりと決めて行ってみたいと思います。