やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

アニメ

フルメタル・パニック?ふもっふを思い出しました

着ぐるみと軍隊というキーワードから、フルメタル・パニック?ふもっふを思い出しました。着ぐるみの部隊がヤクザの本拠地を壊滅させる場面ですが、今見ても面白いシーンです。話がそれましたが。 着ぐるみに冷却ベストの組み合わせは、高温多湿な環境下でも…

毎週楽しみに待つのがアニメの楽しみの一つだと思いますが

昔からテレビアニメに慣れ親しんできた身としては、やはり毎週の放送を楽しみに待つというのがアニメの楽しさの一つであると個人的には思います。 まあ、その鑑賞方法がもう私のような年寄り世代の感覚でしかないのかもしれませんが。ただ、一斉配信の是非は…

京都アニメーション放火事件からもう3年経ちましたが

もう3年も経ったのかというのが正直なところです。 まあ、この事件の後にコロナ禍が猛威を振るったおかげで非日常的な日々が長く続きましたしね。 本当に色々なことが起こったなと今では思います。ただ、未だに裁判が始まっていないのにはさすがに驚きました…

2022年春アニメの感想まとめ

今回はいつもと趣向を変えて、今年の4月から6月に放送されたアニメの内で印象に残った5作品の感想を書いてみたいと思います。 アニメの感想を書くのは久しぶりですね。 公私ともに忙しくなっているので、以前ほどアニメを見る時間は取れていませんが、今もア…

渡辺宙明氏死去

大往生ですね。 悲しさよりもこれまで多くの心に残るアニメソングを生み出していただいたことに対する感謝の念の方が大きいです。私が物心ついた頃に見たアニメや特撮もので、印象に残った音楽の多くは宙明先生の音楽でした。 アニメソングや特撮ソングで大…

相手を見極めた言い方は本当に大切だと思いました

誤りを指摘することは大切なことなのでしょうが、要は言い方だったのだろうと思いました。 プラネテスのアニメを制作したスタッフも原作者の幸村誠氏も誤った知識を積極的に流布しようとしていたわけではありませんし、あくまでもエンターテイメントとして視…

残された名ゼリフはこれからも生き続けるのだろうと思います

独特な声の持ち主でとても存在感があった声優さんの一人でした。 個人的にはヤッターマンのボヤッキーが一番印象的でしたね。そのボヤッキーのセリフで気になる話がありました。 あの名ゼリフの一つである「ポチっとな」が八奈見さんのアドリブだったという…

佐島勤著「魔法科高校の劣等生」

今年7月から9月まで放送された「魔法科高校の優等生」を観ていて興味が湧いたので、今更ながら原作の「魔法科高校の劣等生」本編32巻とショートストーリー1巻、スピンオフ3巻をKindleで一気読みしてみました。 久しぶりにライトノベルを読みましたが、結構な…

通信料金が浮いたのでdアニメストアを契約してみました

先月末にiPhoneの契約をahamoへ変更しました。 個人的にはWi-Fiを多用しているので、データ通信量は月20GBで十分でした。 むしろ通信料金が一気に下がったので、若干、小遣いに余裕が出来ました。そこでdocomoのサービスの一つdアニメストアを契約してみまし…

あの痛ましい事件から2年が経ちました

あの痛ましい事件から2年が経ちました。 遠い昔のように思えるのは、翌年からのコロナ禍で様々なことがあったからかもしれません。 ですが、まだこの事件の裁判の初公判も開かれていないんですよね。 失われた人たちは還ってきませんので、果たして解決とい…

今年の「おうち時間」も意外にやる事がありました

今週のお題「おうち時間2021」このゴールデンウィーク中、歯の治療や日用品などの買い物、夜のウォーキング以外は、ずっと引きこもり生活でした。昨年のおうち時間は、ここの過去日記のアップロード作業に充てましたが、今回のおうち時間は上記の日記で書い…

実現したこと自体が凄いと思いました

Twitterのアカウント「特務機関NERV」(@UN_NERV)は災害速報などをツイートするアカウントで、デザインはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のパロディになっていますが、まさかそのアニメに登場する声優さんを引っ張って来るとは思ってもみませんでした。 …

コロナ禍が落ち着いたら横浜へ見に行きたいですね

以前から耳にしていた原寸大の動くガンダムがようやくお披露目になったようです。 このご時世なので、さすがに今年中に横浜へ見に行くことは出来ないでしょうが、コロナ禍が落ち着いたら行ってみたいと思っています。この話題がTwitterなどで流れた際に、様…

きまぐれオレンジ⭐︎ロードは夢中になって読んだ作品の一つでした

きまぐれオレンジ⭐︎ロードは高校時代に夢中になって読んでいました。 週刊少年ジャンプは、時代と共に様々な名作を世に送り出していますが、個人的にはあの頃が黄金時代の一つだったのではないかと思っています。この作品の中では、ヒロインの鮎川まどかとい…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第24話「わが友」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第24話「わが友」のネタバレ有りの感想です。 腐敗した民主主義に対する絶望の果て グリーンヒル大将やジェシカが亡くなった一方で、雲隠れしていた同盟元首が「颯爽と」登場。 そして、その同盟元首に歓呼の声…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第23話「さらば、遠き日」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第23話「さらば、遠き日」のネタバレ有りの感想です。 ついに第二期のクライマックスへ 原作を知っているので結末は分かっていたのですが、このキルヒアイスの結末は、どのような媒体で描かれても毎回辛さを感…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第22話「黄金樹(ゴールデンバウム)は倒れた」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第22話「黄金樹(ゴールデンバウム)は倒れた」のネタバレ有りの感想です。 ラインハルトとキルヒアイスの衝突 副盟主リッテンハイム侯率いる賊軍を撃破し、帝国辺境星域を平定したキルヒアイスがようやくライ…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第21話「誰がための勝利」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第21話「誰がための勝利」のネタバレ有りの感想です。 アルテミスの首飾りの美しさ ノイエ版銀英伝は艦艇や軍事施設などの描写がとても良いのでアルテミスの首飾りにも期待していたのですが期待以上でした。 い…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第20話「惨劇」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第20話「惨劇」のネタバレ有りの感想です。 辛い展開が続きます。 コンラート・リンザー大尉の忠誠心の下りは是非入れて欲しかったですね まずは辺境星域に出張ってきたリッテンハイム侯とキルヒアイスとの戦い…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第19話「ドーリア星域の会戦」

遅くなりましたが、前回放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第19話「ドーリア星域の会戦」のネタバレ有りの感想を。 ヤン艦隊のクーデター鎮圧行動 今回は同盟のクーデター鎮圧のターン。 当初、ヤン艦隊はドーソン本部長からシャンプールも含めた4ヶ…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第18話「流血の宇宙(そら)」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第18話「流血の宇宙(そら )」のネタバレ有りの感想です。 早くも野合ぶりを発揮する「賊軍」 ラインハルトが「賊軍」と名付けたことに激昂する門閥貴族たち。 ただ、激昂するだけでてんで駄目駄目なのは、そ…

もともと大阪の朝日放送はアニメ制作に力を入れていましたしね

朝日放送は大阪のテレビ朝日系列の放送局です。 キー局のテレビ朝日と混同する人が多いので、大阪朝日放送と表記することもありますね。朝日放送が古くからアニメ制作に携わってきたのは知る人ぞ知る話ですね。今では「プリキュアシリーズ」だけになったかと…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第17話「ヤン艦隊出動」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第17話「ヤン艦隊出動」のネタバレ有りの感想です。 ピュコック長官の高潔さが現れた描写が非常に良かったです 再び舞台は同盟へ。 ジェシカ・エドワーズの演説に対する発言と言い、クーデターを起こした軍人た…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第16話「発火点」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第16話「発火点」のネタバレ有りの感想です。 マリーンドルフ伯爵令嬢(フロイライン・マリーンドルフ )の登場 ノイエ版銀英伝のセカンドシーズンで楽しみにしていた一つ、ヒルダことマリーンドルフ伯爵令嬢(…

亡くなった方々の穴は決して埋めることはできないでしょうが

一年前のあの日は、本当に世の理不尽さを感じた日でした。 容疑者に対しては怒りしかなく、責める言葉はいくらでも思いつきますが、ただ、それをぶつけたとしても、亡くなった人々は決して帰ってこないんですよね。 そこに、どのような動機であれ、他者の未…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第15話「嵐の前」

今週放送された、銀河英雄伝説 Die Neue These 第15話「嵐の前」のネタバレ有りの感想です。 ヤンとキルヒアイスの邂逅 アスターテ会戦、イゼルローン攻略戦、そして、アムリッツァ会戦などで増えに増えた両軍の捕虜。 そこでリセットするために捕虜の交換へ…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第14話「皇帝崩御」

今週放送分の感想です。 いつも通りネタバレ満載です。 皇帝崩御と後継者争い 銀河帝国皇帝フリードリヒ4世の急死。 これにより、帝国軍による同盟への反攻は無くなりましたが、代わりに後継者争いが勃発。 ここでブラウンシュバイク公の甥のフレーゲル男爵…

銀河英雄伝説 Die Neue These 第13話「アムリッツァ」

この第13話以降は、映画版ノイエ銀英伝「星乱」で放映された部分で、大半は観たのですが各話の感想は書いていませんでした。 そこで、かなり遅くなりましたが今週に改めて見返した感想などを書いてみたいと思います。 もちろん、ネタバレもバッチリなので、…

NHK Eテレ版銀河英雄伝説 Die Neue Theseの感想について

今月からNHK Eテレで銀河英雄伝説 Die Neue Theseの放送が始まったせいか、検索で過去にこの日記で書いた感想記事を見ていただいている人が増えているようです。 とりあえず、既に放送された第4話までの感想記事へのリンクを張っておこうかと。これ以降はネ…

Appleのセンスが垣間見える広告ですね

大阪難波のビックカメラのAppleコーナーに行ってみると、この広告の一場面が大きく貼り出されていました。 ただ既存のアニメをつなぎ合わせただけのように見えますが、テーマが一貫している上に面白さを感じさせる広告に仕上がっていて、この辺りはAppleのセ…