やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

効率よく働くという行動を誘発する仕組みが必要ですね

残業を減らす手法の一つとしては参考になると思います。
特に、残業を減らすことで収入が減ってしまうという逆説的状況に対して、対策を講じているのが注目に値すると思いますね。
サービス残業が横行するブラック企業はともかく、残業代がまともに出る企業では、残業代を稼ぐために残業を行っているという人もいるでしょうしね。
まあ、その収入を稼ぐ残業時間と失われるプライベートの時間とが、果たして等価交換たりえるかは見解の相違はあるとは思いますが。

効率よく働くという行動を誘発する仕組みが必要ですね、上掲の記事のように。
まあ、誘発するだけでなく、組織として効率の高い業務が行なえる仕組み作りをするのも大切なのですが。 個々人としては、残業を減らし労働時間を少なくすることで、プライベートな時間が増え、休息も十分に取れるというのは頭では分かっているのですが、収入も必要ですし。
経営陣も本気で従業員の生産性を上げたいと考えるならば、そこまで突っ込んだ施策を考える必要はあると思いますね。