やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

デジタルとアナログ、それ自体に優劣は無いかと

デジタルな電子書籍の利点は、保管に場所を取らないこと、文章検索の容易性などが挙げられますが、欠点として、ディスプレイ表示による目への負担が比較的高い点と、データ消失の危険性などが挙げられるかなとは思います。

一方、アナログな紙の書籍の利点としては、比較的に目への負担が少ない点や、一覧性の高さ(いわゆるパラパラめくり)などが挙げられますが、欠点としては保管に場所を取る点や、文章検索が出来ない点(リファレンスがある場合は別ですが)などが挙げられます。

個人的な結論としては、デジタルとアナログ、それ自体には優劣は無く、利点と欠点はそれぞれと特性によるものなので、その特性に応じてハイブリッドで活用するのが良いのではないかとは思います。
供給側としては、出版コストをにらむ必要はありますが。
ゆくゆくはデバイスの進歩によってデジタル化は進むとは思いますが、個々人の志向もあるとは思いますので、当面はハイブリッドでの供給は続くのではないかとは思いますね。