やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

OpenShiivaに関する覚書き・その3

f:id:yaneshin:20150830060317p:plain
前の覚書きから結構間があいたのですが、環境が変わった部分もあるので、OpenShiivaについての補足をしておこうと思います。

キャプチャーのビットレートを8Mに変更してから起こった問題が、オーサリングソフトを利用した時に出来るvobファイルが2つに分割されるという問題でした。
どうやらCapty DVDでは、vobファイル容量が1G以上になるとファイルが分割されるみたいです。
そして、Sizzleでも同じように分割されました。

で、解決策を模索しているとかえでからMMplexというフリーウェアを教えてもらいました。
MPEG2の映像ファイルと音声ファイルからvobファイルを作成するソフトなのですが、早速、Capty MPEG Editで作成した映像ファイルと音声ファイルを使ってみると、見事に分割されずに1つのvobファイルが出来上がりました。
ぃぇぃ!

OpenShiivaで音声が出ない問題は、どうやらオーディオ形式によるようですね。
Capty DVDでオーディオ形式をドルビーデジタルに選択すると、ちゃんと音声も同時にエンコード出来るみたいですし。
ただ、この策はMMplexでは使えないので、何とかOpenShiiva自体で対応して欲しいですね。