やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

言論の自由と個人の尊厳と

言論の自由の保証は、社会にとってとても重要なことなのは論を待ちませんが、その言論そのものが、個人の尊厳を踏みにじるとすれば、人はその矛盾にどう対応すればいいのかという問題はありますね。

嫌なら見なければ良いという話はありますが、その嫌な話が自由な言論の下に社会に広まり、どうしても見ざるを得ない方に追い込まれたらどうすればいいのでしょうか?

もちろん、言論に対して暴力や武力で応酬するというのは非難されてしかるべきですが、自由な言論に対して責任を取るという姿勢は大切ではあると思います。
自分自身が発した言葉が、どのような影響を与えるか。その想像力は持っておくといいのかなと思いますね。

まとまりのない文章になりましたが、つらつらと思いついたことを書いてみました。