やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第23回「攻略」

広告

追い詰められる氏政と小田原北条氏の落日

かつては東国の覇者として勇名を馳せた北条氏政
今回はその氏政が、次第に秀吉によって追い詰められていく様が、とても丁寧に描かれていました。
この真田丸においては、戦国時代に置いて大名が滅びるのは善悪ではなく、あくまでもわずかな差に過ぎないという点を、首尾一貫して描いているように感じます。
氏政は北条氏の最大版図を築いていて、決して暗愚な戦国大名ではなかったはずですが、その大勢力を築いた自負とプライドが命取りとなったのかもしれません。

頭で考えすぎて空回りする三成

そしてもう一人、後世において否定的な評価が与えられている石田三成の人間臭さが描かれた回でもありました。
大坂城聚楽第などでは能吏として描かれた三成ですが、頭でっかちという欠点が図らずとも露呈した感じです。
確かにこれだと、武将たちの信頼なり共感なりを得ることは難しいのかなと思います。
この状態から、どのようにして関ヶ原へ持っていくのかが個人的には見ものです。

今回は主人公補正が過ぎましたね

ただ今回残念だったのは、あまりにも主人公補正が過ぎたというところですね。
信繁が小田原城に行って氏政に会うというのは、さすがにちょっとと思いました。
ここは史実通り忍城の戦いをメインにして、信繁も含めた真田家中や石田三成大谷吉継などを絡めた方がすっきりしたと思うんですけどね。
小山田茂誠と絡めるにしても、必ずしも小田原城という必要もなかったでしょうし。

まあ、敢えて史実から離れた描写を行なったとも考えられるので、ひとまずは次回の北条氏の滅亡を見届けてから、もう一度書きたいと思います。