やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

他者が大事にしている物を勝手に処分する権利は誰にも無いですね

夫が大事にしている物を妻が処分するという話は良く聞きますが、この事例も根っこは同じですね。
なぜ本人が大事にしているのかということに思いをはせずに、独善的な考えから他人が大事にしている物を踏みにじる。
このような事例は枚挙にいとまがないですね。

このような考えを持つ人というのは、世間体に敏感なのでしょうね。
普通と違うことで、世間様から白い目で見られる。
そうならないために、そのような異常な行為は矯正されなければならない。
端的に書けば、こんな感じかもしれません。

もっと、夫や子供を信用できないのかなとは思います。
それぞれが自分自身で物事を考える個人なわけですし。
まあ、不信感が先に立つのかもしれませんが。