やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第6回「迷走」

今回はまさにタイトル通りの展開でした。
現代と違い、断片的にしか情報が入って来ない中で、何とか生き残ろうと知恵を絞る真田家中の必死さが伝わってきた回だったです。

真田家への帰参の布石?

小山田茂誠がどのようにして真田家へ帰参するかが見えてきた感じです。
史実での茂誠や松についてはあえて伏せますが、真田家中とは別でのストーリー進行も期待出来そうな気はします。

北条氏政のヒールっぷりも良い感じです

高嶋政伸演じる北条氏政も、なかなかのヒールっぷりですね。
これぞ北条氏政という感じです。
これが小田原征伐の際にどう変化するかですね。

二度あることは三度あるとは思っていましたが

三度出ました、「黙れ小童!!」
もう様式美と化しつつある感じです。
毎回言われる大泉洋演じる真田信幸がかわいそうですが。
水曜どうでしょうあたりでネタに使われそうな気がしてきました。

真田昌幸も色々と迷走していたようですが、ここでようやく腹を決めたようですし。
いよいよ天正壬午の乱の幕開けかなというところですね。