やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

自己責任と言うからには情報の非対称を解消する努力が求められると思います

内定者には気の毒な話とは思いますが、入ってから酷い目に遭うよりはマシだったのかもしれません。 それよりも気の毒なのは顧客だと思います。

安かろう何とやらという話もありますし、顧客の自己責任と言ってしまえばそれまでですが。
ただ、自己責任と言っても、低価格に対してどの程度のリスクがあるかは顧客が分からないのも事実です。
この情報の非対称は解消する必要があると思います。

消費者との取引については、安易に自己責任論で片付ける傾向が見られますが、これは情報の非対称を企業側が解消する努力をして初めて言えるのではないかと思いますね。
その努力が無ければ、自己責任論は単なる企業側の言い訳でしかないと思います。