やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

これからますます新入社員を雇えなくなりますしね

少子化労働力人口が減少していくのは不可避なので、これからますます新入社員を雇えなくなりますしね。
特に中小企業や地方の企業の危機感はとても強いだろうと思います。
これまでの「常識」では、新たな労働力を確保することはできなくなると思いますね。
企業の新卒者への対応も変わらざるを得ないでしょう。

話は変わりますが、個人的には奨学金返済の肩代わりはとても羨ましいです。
当たり前の話ですが、私が就職した頃は安月給の中から自力で返済していってましたし。
ただ私の場合は、あの就職氷河期の中でも正社員の口が見つかった上に途中で倒産することもなかったことがありがたかったです。
同世代の中には、正社員で就職できなかったり、途中で勤めていた会社が倒産したりした人が結構いましたしね。
まだ運が良かったと思います。

それにしても、20年以上前の新人時代を振り返ると、本当に今の時代は隔世の感がありますね。
10年一昔という言葉を本当に実感します。