やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

FICTION

広告

FICTION

FICTION

とうとう手に入れました。
梶浦由記さんのアルバム、FICTION。
いやあ〜長いこと待ったなあ。

でも、待った甲斐はありましたね。
もう何回も聞きまくっています。
哀愁を帯びた音楽の中に少しだけ顔を出す希望と言う名のスパイス。
梶浦節はまだまだ健在のようですね。

このアルバムのタイトルであり、梶浦さんのサイト名にも使われているFICTIONとは言うまでもなく虚構を意味します。
そして、その梶浦さんのサイト名のように、虚構が交差すれば、あるいは連結すれば、事実を辿っていくよりも早く真実に辿り着けるのかもしれないとは思います。
事実を伝えることだけが必ずしも真実を伝えることでは無いですからね。
時には虚構を織り交ぜる方がより相手に本当の意味を伝えることが出来るのかもしれません。

………話が逸れましたが。
今回のアルバムは本当に珠玉の曲がつまっていますね。
まあ、欲を言えば、key of the twilightやin the land of twilight, under the moon、auraなんかも入れて欲しかったんですが、それは次のアルバムに期待しようかなと思っています。
ともかく、聞きたい曲がありすぎて、嬉しい悲鳴をあげる日々が続きそうです。