読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第41回「入城」

歴史 テレビ

幸村、大坂入城への道

前回で覚悟を決めた幸村はいよいよ大坂入城に取り掛かることに。
大坂城に牢人たちが集まっているために、幸村の周辺も監視が厳しくなりましたが、一計を案じた幸村の方が上手でした。
脱出行は緊迫感がありましたが、九度山の村長長兵衛たちの無言の支援もあり、無事に幸村一行は脱出に成功。
入村時とは全然異なる九度山村の人々との親密ぶりに、幽閉の年月の長さを感じましたね。

真田家の苦悩

一方、上田の真田家は、信之の二人の息子を巡り不穏な空気が。
あわやお家騒動になるかと思いましたが、それは稲の決断により回避されることに。息子二人にはそれぞれ家老も配されていたので藩を割るお家騒動の可能性もありましたが、この辺りは信之の采配と真田家臣団の団結の強さの方が勝ったようですね。

幸村、一世一代の大芝

一方幸村は、押し通し一辺倒の伊賀忍者や老人メイクなど小ネタを色々と入れながらも、ようやく大坂城に入場。
そして秀頼と対面しますが、堂々と上田合戦を自分の手柄と吹聴したのにはびっくりしました。
ここはきりが言った通りに、真田安房守の息子という立場を最大限活用しようとする気になったようですね。
ただ、後藤又兵衛毛利勝永など、一癖も二癖もある牢人たちも多いので、これからの軋轢も大変だろうなとは思いました。

大坂の陣の幕開けとしては、順調なように感じました。
ここから、あの真田丸の構築までの成り行きが今から楽しみです。