読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第48回「引鉄」

幸村と家康の心理戦

序盤は幸村と家康の裏のかきあいに終始。
内通者や忍者、さらには影武者まで、幸村と家康の知恵を絞った神経戦が緊迫感が出ていて面白かったです。
まあ、大昔のねるとんみたいなごめんなさいの瞬殺や襲撃の失敗など、佐助にとっては踏んだり蹴ったりではありましたが。

上田とは書面のやり取りだけだと思っていました

意外だったのが、幸村と上田の人々とが顔合わせをしていたことですね。 これは史実でも記されている話だそうです。
確かに和睦は成立していましたが、双方が会うのは内通と疑われる可能性もあるだろうと思っていたので、個人的にはてっきり書面のみでのやり取りだけだと思っていました。
ただこの対面が、夏の陣での幸村の行動や最期がより印象付けられる演出になったのではないかと思いました。
陽気な矢沢頼幸や幸村の覚悟を察したかのような小山田茂誠、そして弟の真意を掴んだ信之と、最終回を控えてとても重苦しさを感じたシーンでした。

牢人の暴発、そして再戦へ

時を稼ぎ、来たる再戦までに防御策を講じようとした幸村ですが、豊臣方は既に牢人たちを統御出来る状態にはありませんでした。
そして、ついに牢人たちが暴発。
この時を満を持して待っていた家康は、ついに再び諸大名に動員をかけます。
悲劇の大坂夏の陣の幕開けです。

結末は分かっているわけですが、個人的には、あの伊賀越えを超える家康の逃げっぷりが残り二回であることを楽しみにしています。
それと、最後の最後まで幸村が見せるであろう不屈の闘志ですね。
最後の日本一の兵の戦いぶりに期待したいです。