やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

巷間で言われた政治駅のように単純な話ではなさそうですね

古くから政治駅の象徴のように言われていますが、そんな単純な話ではなさそうですね。
本当に「我田引鉄」が行われていたら、羽島市ではなく岐阜市に駅が設置されていたでしょうしね。
技術的、時間的な制約から名古屋から関ケ原を抜けるルートは既定路線でしたし、そのルート上で考えれば、羽島市への駅設置は最短ルート上のものであって、考えられる中では一番合理的なものであったのではないかと、地図を見ても思います。

大垣市への駅設置が見送られたのは、競合関係にあった岐阜市と痛み分けにしたことがあったのかもしれませんね。あくまでも推測ですが。
こうして見てみると、駅一つだけの話でも様々な背景が垣間見えるので調べてみても面白いですね。
新幹線だけでなく一般の鉄道でも、このような面白いエピソードは枚挙に暇がないのかもしれませんね。