やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

ISO9001の存在意義そのものが問われそうな事案ですね

ISO9001と言えば、取得後も定期審査や更新審査がなされているはずなのですが、ここの所の神戸製鋼に関する報道を見ていると、こういった仕組みが果たして機能していたのかという疑問は浮かびます。まあ、検査データの改ざんはかなり前から行われていた疑いがあるそうですから、そもそも取得時の審査体制についても疑問が浮かびます。
神戸製鋼側が審査を通すために粉飾を行っていたのか、あるいは審査する側のチェックが甘かったのか。
いずれにせよ、ISO9001の存在意義そのものが問われそうな事案だと思います。

個人の公的資格にも言えることですが、大切なのは、試験や審査に合格した後もこう言った資格や認証が維持できるかというところですね。
取得そのものが重要なのではなく、取得時に認められた体制が維持されていることが最も重要なのではないかと思います。
そういう意味では、残念ながら神戸製鋼は上辺だけを取り繕っていたと指弾されても仕方がないのかなと思いますね。