やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

生産性向上を従業員の努力だけに押し付けるのはマネジメントの放棄でしょう

本来であれば生産性向上に資するはずの裁量労働制ですが、この記事を読んでいると従業員を都合よく使役する道具としか考えていない経営陣や管理職は多そうな気がします。
生産性向上はマネジメントの分野だと思うのですが、どうも従業員の努力で賄おうとする経営者は多そうです。
こうなるとマネジメントを放棄しているのではないかと個人的には首を傾げてしまいます。

こうしたことが起こるのは、生産性向上をコストカットという一面でしか捉えていないから起こるのだろうと思います。
おそらくは仕事をどんどん押し付けて育てるという考え方も背景にはあると思いますが、これって高度経済成長期の発想だと思います。
少子高齢化が進む中で人を摩耗させるような働かせ方をしていると、結局企業は「自分で自分の足を食べるタコ」になってしまうと思いますね。
発想の転換は必要でしょう。