やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

ウイスキーのブランドイメージを守るために品質の維持は徹底して欲しいですね

長い低迷期にあった国産ウイスキーが、ハイボールブームで息を吹き返したのは良いのですが、だからこそ、品質の維持という課題に直面しているというところですね。
モルトウイスキーは熟成に時間がかかりますし、急に生産量は増やせないでしょうから、販売量を増やすためにこれから品質が低下する可能性はおおいにあると思います。

ウイスキーは生産から販売までに長い年月が必要で、新規参入は難しいため、既存のメーカーが優位です。
だからこそ、寡占の弊害が出る可能性は非常に高いですね。
万が一、売上重視で粗製乱造に走ると、世界5大ウイスキー産地の一角までに数えられるようになった我が国ウイスキーのブランドイメージが地に堕ちる可能性があります。

ブランドイメージを守るためには、我が国においても製法やブレンド比率の規制、そして情報公開は必須だと思います。
安定した品質の国産ウイスキーを安心して飲むことができることが、より国産ウイスキーへの支持を集めることになるでしょうし。
国産ウイスキーを愛飲する身としては、何らかの対応は取って欲しいと思いますね。