やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

いつの間にかマクドの閉店ラッシュが加速してました

個人的には、堺筋線恵美須町駅近くのマクドが九月に閉店になっていたことに今さらながらショックを受けました。
まあ、マクド本体の不振もありますが、恵美須町駅界隈の人通りも往時に比べれば激減していましたしね。
学生時代にソフトウェアやCDなどを求めて通い詰めた日々が懐かしいです。

マクドについては、アメリカの本社がアメリカ流のやり方を押し付けるようになってから、顧客のニーズとの乖離が顕著になったような気はしています。
こうしてみると藤田さんは本当に名経営者だったのだなと思いました。
経済がグローバル化したと言っても、国ごとである程度のローカライズは必要だとは思います。
特にこのマクドの騒動を見ていると、より強く感じますね。