やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第7回「奪回」

広告

裏目に出ようがひたすら博打を打ち続ける真田昌幸

岩櫃・沼田の奪回が裏目に出たり、信繁を派遣したものの人質の奪還に失敗したりと、結構策が裏目に出ている昌幸ですが、それでも博打を打ち続ける姿に、大国に囲まれた国衆としての必死さを感じました。
滝川一益上杉景勝などは義を重んじる描かれ方がなされていますが、それは身を置いているのが大国であればこそだと思います。
大国の思惑一つで所領が吹っ飛んでしまう国衆の一人である真田としては、生き残るためには手段を選んでる余裕はないというところでしょうね。

ばば様無双

今回はばば様ことおとりが大活躍でした。
さすがは知将真田幸隆の妻というところです。
失敗した信繁を諭したり、武将というよりはまるで山賊といった風情の木曽義昌を一喝しビンタを喰らわせたり、そして、自ら人質として残り信繁に道を開いたりと、まさに縦横無尽の活躍ですね。
それだけにきりのウザさが際立ったわけですが。
ただ、きりの描かれ方は三谷さんの計算もあるのかなとも思っています。
少なくとも、信繁の甘さをえぐるきりのセリフにはなるほどと思うところもあるので、今はまだ様子見ですね。

失敗続きの信繁という造形

そして、信繁は失敗を重ね、ついに昌幸に叱責されます。
そこで叱責した後に昌幸が信繁にかける言葉が温かかったです。
やがては名声を博する信繁も、今はまだまだ若輩者というわけで、これからどう成長が描かれるのか、そして、兄信幸とどう対比して描かれるのかなど、いろいろと興味は尽きないですね。
やはり、人が成長していく物語を見るのは楽しいですし、失敗が描かれるからこそ、人の人間味がより強調されるものだと感じた今回の話でした。