読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第38回「昌幸」

歴史 テレビ

希望と絶望の繰り返しがコミカルに

昌幸の幽閉から死までが一気に進んだ回でした。
一気に進みましたが、昌幸の一縷の望みと絶望、そして無念の死が凝縮されて、とても印象に残る昌幸退場回でした。
ただ暗い話を続けるだけではなく、家康と秀忠、そして本多正信を巻き込んでコントっぽい展開を挿入したあたりも三谷さんらしくて面白かったです。

他の武将たちの退場とエピソード挿入

昌幸の話と並行して、本多忠勝加藤清正の退場も印象に残りました。
その中で、本多忠勝の怪我の話や、家康と秀頼の対面時の加藤清正の行動など、歴史好きにはニヤリとさせられるエピソードが満載で楽しかったです。
ナレ死については色々と意見はあるみたいですが、私はむしろナレーションとともに退場する方がより印象に残ると個人的には思いましたね。

信玄公を終始信奉していた真田昌幸

そして、ついに真田昌幸が退場。
今際の昌幸の言葉からも、心底信玄公を信奉していたことを強く感じられました。
だからこそ、真田が独立した大名になった後も、隙あらば武田の旧領回復を狙っていたのかもしれないですね。
志半ばで退場とはなりましたが、一介の武田家臣から、独立した大名として名だたる大大名を振り回し続けたので、本人は案外存分に生きたんじゃないかと思いました。

これで真田昌幸の出番は終わりましたが、草刈正雄さん扮する真田昌幸は本当にぴったりだと思いました。
家族思いなところや謀略を張り巡らすところ、そして適当なところなど、名将でありながら人間味のある昌幸像を存分に見せてもらいました。
この草刈さんの真田昌幸を観ただけでも、この真田丸を観た価値はあったと思いました。
本当にお疲れ様でした。