やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

経営者にもインセンティブを与える努力が必要でしょうね

まさに正論ですね。
ただ、このことは中小企業だけではなく大企業にも言えることだと思います。大企業はたまたまスケールメリットがあるために中小企業ほど人手不足の弊害は現れていませんが、今後の人口減少社会を考えると、早晩中小企業と同じ状況に陥ることは間違いないと思います。

個人的に今の状況では、我が国で生産性の向上を進めるのは難しいと思います。
一つは周囲の平均賃金が低い中で思い切って賃上げを断行する経営者が少ないこと。そしてもう一つが、従業員側の経営者に対するロイヤリティなり信頼などといったものがこの低賃金社会が定着した中で著しく低下していることが挙げられると思います。
生産性を向上させるには、当然ながら従業員側からのボトムアップによる努力も必要になりますが、努力をしても給与の増加などのインセンティブが無ければ従業員は動きません。残業代を減らすために労働時間の短縮を進める企業の活動などはまさにそうでしょう。
下世話な言い方ですが、目の前にニンジンをぶら下げることは必要だと思いますね。

今後、少子高齢化による人口減少で、このような問題がより噴出してくると思います。
それに対して、経営者側がどのように動くが今問われているのでしょうね。
おそらく、経営者側に残されている時間はあまりないのではないかと思います。