やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

新九郎、奔る! 第10巻

スポンサーリンク


ネタバレ注意

新刊の内容に触れている文言があります。ネタバレになる可能性もあるのでご注意ください。

今川義忠亡き後に勃発した、今回の駿河守護今川家の御家騒動
新九郎にとってはその後の雄飛へのきっかけとなったはずなのですが、さすがに二十歳そこそこでは太田道灌など百戦錬磨の年長者に翻弄されるのが落ちだったわけで。
だからこそ今回の調停については、新九郎が成長するきっかけとして描かれたのかなと思いましたし、今後にも繋がるものかなとは思いました。

退去した小川城周辺にも危険が及んだことはありましたが、新九郎が伊都や龍王らを京に連れて行ったのは面白い展開だと思いました。
大御所足利義政や将軍足利義尚にお目見得できれば、龍王家督相続の可能性が高まりますし。
応仁の乱で混乱したと言っても幕府の威光はまだまだありますし、京にいれば政所執事伊勢貞宗を筆頭とする伊勢宗家の力を借りることも容易ですしね。

まあ、気分屋の大御所対策をどうするか次第ですが。
ここは東国で大詰めを迎えている享徳の乱を横目に見ながら、いかに新九郎が多くの手を打てるか次第ですね。
所領の荏原を見る必要もありますし、再び新九郎にとっては東奔西走の日々が続きそうです。

一方、長きにわたった応仁の乱もいよいよ足利義視の退去により終結へ。
亡き細川勝元の後継者である聡明丸も幼いながらも表舞台に出てきつつありますし、そろそろ幕府の主役の入れ替わりもありそうですね。
その中で、新九郎がいかに早く無位無官無職の三冠王から脱出できるかが見ものです。