やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

スペイン風邪の悪夢再びか?

スポンサーリンク

鳥インフルエンザとだけ聞くと、「へえ、鳥にもインフルエンザの流行があるのか、鳥さんも大変だなあ」と軽く考える人もいそうな感じですが。実はとんでもない間違いだというのは、この記事を読めばよく理解出来ると思います。
確かに全世界で4000〜5000万人の死者を出し、当時の世界人口の半数の人々が感染した、過去最悪のパンデミック(世界的大流行)とも言われるスペイン風邪も、鳥インフルエンザウイルスが突然変異したものとも言われてますし。こうして少数ながらも感染が続いている事自体が、医療技術が発達した現代と言えども、ウイルスとの闘いが現在進行形であることをまざまざと見せつけていると思います。

しかし、今、鳥インフルエンザに感染している人々の致死率が50%って言うのは………。
とても恐怖ですね。
いざ感染が拡大した時の猛威も恐ろしいですが、発生した時に起こるであろう大パニックを考えると、そちらの騒乱の方がよっぽど恐ろしいと思います。
せめて、厚生労働省にはしっかりとした対策を採って欲しいと思います。