やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

歴史を様々な角度から見るのは大切な事ですね

スポンサーリンク

韓国は『なぜ』反日か?
クマデジタル経由。

なかなかな文量ではありましたが、色々と興味深く読ませてもらいました。
〜〜は〜〜だ的な表現や、意見を誘導するような論調がちょっと目につくような気もするのですが、意見としては結構新鮮で、色々と考えさせられる部分もあります。
まあ、歴史の見方などというものは、どれが正しくてどれが誤りだという決めつけは禁物ですからね。
様々な角度から歴史を眺めるという努力は、いつの時代も大切な事なんだろうと思います。

ただ、ここに書かれている事が事実だとしたら、小泉首相の件を別にしても、日中・日韓関係の改善はまさに百年河清を俟つという感覚でいかないといけないかなと思います。
我が国の歴史の弓削道鏡田沼意次の名前を挙げるまでも無く、歴史上の悪名を雪ぐのは本当に長期戦になりますしね。
ただ、いくら侵略を受けたとしても、七百年ぐらい前の元寇でモンゴル人や中国人、朝鮮人の兵士たちに多くの日本人が虐殺されましたが、今もなお、それについて恨みを抱いている日本人はほとんどいないでしょうし。(いたとしても、それは感覚としておかしいと思いますし)
このあたりは、全く希望が皆無というわけでは無いですね。

それにしても恐ろしいのは教育の効果ですね。
これについては、我が国も他山の石とすべきかと思います。